安全・安心への取組み

ブルボンの研究開発

食と健康について科学し、
新たな事業創造の研究

健康科学研究所では、薬食未病の考えに基づいて新素材の機能性評価やメカニズム解明などの基礎研究、食品摂取による有効性を裏付ける応用研究、また疾病予防に関わる先端医療研究について、大学研究機関などと共同で取り組んでいます。そして、この様な活動を通じ人々の健康を促す食生活の知恵を学ぶ、食学普及活動を進めてまいります。

栄養科学研究室

糖質など栄養成分の生理機能影響について、動物実験やヒトボランティア試験などを実施し有用性について確認を行っています。

新食糧研究室

未知の食品素材の探求を行い安全性の評価を通じて、機能性食品素材への転換を図り、未来の食糧事情に対応する技術開発に取り組んでいます。

先端健康科学研究室

生体細胞を用いた分子レベルでの食品機能解析や、食品機能・安全性評価システム構築の為の細胞誘導研究を行っています。