Find BOURBON

ブルボンとめざましクラシックス

 当社では、CSR活動の一環で、高嶋ちさ子(ヴァイオリニスト)さん、軽部真一(フジテレビアナウンサー)さんと毎回出演する多彩なゲストとともに演奏とトークで魅了するカジュアルクラシックコンサート『めざましクラシックス』の協賛支援をしております。
 今回は当社と『めざましクラシックス』の誕生を高嶋さんとのご縁からひも解いていきます。

1997年に発売した期待のビスケット新商品「ポロフ」のTVCMへ高嶋ちさ子さんに登場頂いたのが、当社とのご縁が出来たきっかけです。この「ポロフ」は若い女性の方をメインに優雅なひと時を楽しく過ごして頂くことをコンセプトにした洋風菓子で、まさにクラシックスのイメージとピッタリでした。そこで当時、若手女性のヴァイオリニストとして注目を集めつつあった、高嶋ちさ子さんに出演を頂きました。

そのように当社とご縁をもった高嶋ちさ子さんですが、当社のTVCMへ出演される前年の1996年にフジテレビの企画でもともとクラシックに造詣が深い同局アナウンサーの軽部真一さんと意気投合されました。そこで2人は『クラシックは集客も難しく、眠そうというイメージが有り、それを払しょくしたい。そのようなイメージをお持ちの方にクラシックにめざめて頂きたい。もっと身近に、気軽に楽しんでもらいたい。』との思いを共有し合いました。
その後、高嶋さんからその熱い気持ちを当社へもご相談を頂き、お菓子が本来もっている楽しさや身近なイメージとコラボレーションすることで、お2人の思いを実現するこれまでにない新しいクラシックの形が出来るのではないかという思いに至り、1997年9月第1回『めざましクラシックス』が当社の協賛により産声をあげました。
当初、高嶋さんと軽部さんの目標は「このコンサートを4回は続けよう」でしたが、今では通算公演回数370回を超える、人気クラシックコンサートに成長しました。

第1回のスタートから、メインキャストの高嶋さん・軽部さんの二人による絶妙なコンビネーション、クラシックに限らず、その当時流行のJ-POPやアニメソングも演奏し、お堅いクラシックの印象を変えて、女性を中心にファンが急増しました。その後も、タンゴ、ジャズ、ミュージカなどに至るまで、ジャンルの枠に囚われない選曲、一流の演奏家達による素晴らしい演奏、毎回各方面から迎える豪華ゲスト、愉快なトークによって、絶大な支持を集めてきました。
銀座公演では、公演の休憩時間に、会場内の休憩スペースで当社のその時々の新製品などをご来場に召し上がって頂き、お客様同士でコンサート話に花を咲かせて頂いたり、終演後のお帰りの際には、休憩中に召し上がっていただいた新製品などを入れたお菓子詰め合わせをご来場記念としてお持ち帰り頂き、いつまでも思い出に残るコンサートになるよう協賛活動を心がけてきました。
第1回公演から20年以上経てなお、毎回チャレンジングな企画をご来場者へお届けしている『めざましクラシックス』。立ち上げの思いである「クラシックをもっと身近に、気軽に楽しんでもらいたい」というコンセプトをこれからも一緒になって、サポートを続けていきます。

LINE twitter facebook